京都で蛇口から水漏れが起こるのは決して珍しいことではありません。パッキンという小さな部品の劣化が主な原因で、このパッキンは消耗品なので使い続けていればいつかは必ず水漏れを起こすようになるからです。どの場所から水漏れが発生しているかによって、交換するパッキンも異なります。京都の家で昔ながらの単水栓が使用されている場合は、修理が比較的簡単です。

蛇口の先端からポタポタと水が漏れている場合、ケレップという小さな部品に使われているゴムパッキンがダメになっていることが考えられます。これを交換すれば水漏れは止まります。まずは水が溢れないように止水栓をしめて水を止めます。次にナットをレンチで緩めてハンドルが取ると、その下にケレップが見えますので、そのケレップを取り出してパッキンを交換すればOKです。

最近の京都の家で多いのは混合栓ですが、キッチンなどでよく使われるのが上下左右に動くレバーで水を出したり止めたり、温度の調整ができるタイプです。このようなタイプの蛇口は分解するのに少しコツがいりますが、できないことはありません。便利なのは蛇口についている流量調節栓をマイナスドライバーでしめることで、配管からの水を止めることができることです。レバーを外して分解するには六角レンチが必要です。

レバーを外した後ブッシングという小さな部品を取り外すと、中からカートリッジが出てきます。このタイプの蛇口は、パッキンだけの交換はできずカートリッジごとの取り換えなります。そのため費用は高くなります。岡山のトイレの水漏れのことならこちら