消費者金融から資金の借り入れをしたときには、返済ができなくなる危険性があります。返済できない借金を抱えたときには、まず考えられる対応策を取ることが大切です。弁護士事務所に相談することで、債務整理の検討を行う人が多いと思われますが、プロの専門家に依頼したときには費用を支払う必要があります。借金問題を抱えている人の場合には、年金受給で生活をしている人であったり、生活保護を受給していることも考えられます。

専門家に相談する上で費用を支払う能力がないときには、債務整理の手続きを行うことが難しくなりますが、そのようなときに活用できる方法として、法テラスの民事法律扶助制度があります。法テラスとは、日本司法支援センターのことで、法律上の問題について無料で相談を受け付けたり、支援をしている公的機関となります。法テラスでは民事法律扶助制度を利用することで、低所得のために弁護士などの法律家に相談できない債務者が、一次的に債務整理における手続きの費用を立て替えてもらうことができます。費用の扶助ではなく、あくまでも立て替えとなるために、手続きが完了した後には分割払いをしていくことになりますが、制度を利用する債務者の状況によって費用の免除や減額の適用が受けられる場合もあります。

自分で法律家を探して相談したときよりも、法テラスを通じて弁護士や司法書士を紹介してもらったときのほうが、費用が安くなるメリットが受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です