貸金業者からの融資によって、借金の金額が膨らんだときに対応できる方法として債務整理があります。債務整理とは自己破産などの法律的な手続きによって、借金の問題を解決させる方法のことで、一般的には弁護士事務所などに相談をして進めていくことになります。弁護士に依頼するときには費用が高いというイメージがあると思いますが、所得が少ない人向けのサービスとして法テラスという公的機関が存在しています。法テラスの民事法律扶助制度であれば、弁護士に法律相談するときにかかる費用を立て替えてもらうことが可能です。

法テラスに相談するときには、手続きが開始されるまでに1か月ほどの期間がかかることを把握しておかなければなりません。債務者の問題に対して担当する弁護士などが決まるまでには、時間がかかるために貸金業者に対してすぐに受任通知を発送してもらえないデメリットが生じます。借金問題の苦痛は貸金業者から受ける取立の厳しさがあると言えますが、一般的に民間の弁護士に依頼したときには、すぐに受任通知を発送してもらえるメリットがあります。弁護士から受任通知が送られれば、その時点において取立をストップさせることが可能になります。

そのために、法テラスの相談するときには、時間的な余裕があることが条件と考えることもできます。早急に問題の解決を図りたいときには、自分で直接的に弁護士を選択して法律相談をすることがおすすめとなります。また、法テラスの審査において収入を得ていて、援助を受ける条件を満たしていないと判断されると自力で弁護士を探す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です