借金を解決したいときには、法律の専門家である弁護士に相談することで、様々な対処法を提案してもらえます。一般的には借金問題を抱えて困っているときに、思いつく解決方法としては自己破産のことが挙げられると思います。自己破産は借金の全ての支払いを免除してもらえる制度ですが、一方で財産を失ってしまうデメリットもあります。弁護士の法律相談を受けることで、自己破産以外の債務整理について説明してもらうことが可能で、財産を失わずに行える手続きとして任意整理についても聞くことができます。

任意整理などの債務整理をしたときには、手続きが完了した後の生活がどうなってしまうのか気になっている人もいるでしょう。任意整理の場合には、手続きを行った後も日常生活を変わりなく過ごすことができます。弁護士や司法書士などの法律家に相談することで、消費者金融などと交渉してもらうことで、返済金額を減らしたり、実現可能な返済期間に見直してもらう方法となります。法律家に依頼することで、代理人として受任通知を消費者金融に送ってもらえますので、その時点で取立が止まります。

返済計画についての合意を法律家と消費者金融との間で締結できれば、その計画に従っておよそ3年程度の期間において分割払いをしていくことで完済することになります。自己破産をしたときには官報に掲載されたり、資格制限を受ける職業も存在していますが、任意整理では裁判所に申し立てをする手続きではありませんので、それらのデメリットは発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です