債務整理には4種類の方法があり、それぞれに特徴が違います。自分の希望通りに債務整理をしたいのであれば、まずはそれぞれの特徴を把握しておくことが必要になります。まず任意整理についてですが、この手続きは裁判所を介さない手続きです。したがって家族に知られる可能性が一番低い手続きということができます。

また債務整理の対象となる債権者を自由に選択することができますので、連帯保証人に迷惑をかけることなく借金を整理できるというメリットもあります。一方その反面、相手方との交渉次第では借金の減額につながらないケースもあり、減額できたとしても小幅な減少額にとどまりがちだというデメリットもあります。次に個人再生ですが、この手続きのメリットは自己破産のように財産を手放すことなく借金を大幅に減額できることにあります。しかも自己破産のように免責不許可事由が定められていませんので、ギャンブルや浪費、投資などでつくった借金でも手続きを行うことができます。

また自己破産と違い職業に制限がかからないのも特徴の一つです。最後に自己破産についてですが、この手続きのメリットはなんといっても借金がゼロになることです。財産のほとんどを手放すことになり、官報にも名前が掲載されてしまいますが、借金問題を根本から解決する方法としてはもっとも強力なものといえるでしょう。なお債務整理には特定調停という手続きもありますが、これについては利用者が極端に少ないことから、基本的にはあまり考慮しなくてもいいでしょう。

広島で離婚相談のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です