任意整理とは、裁判所を利用したり法律の力を借りたりせずに債務整理する方法を指します。借金の減額や利息の一部カットなどを交渉し、和解することによって進めていく手続きです。基本は和解だという点に注意が必要です。裁判所を通しませんし、法律の力を借りませんから、債権者は任意整理に応じる義務はありません。

ですから、多くの場合には個人で交渉に挑んでも相手にされません。事実上、自分一人で交渉するのは難しく、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼するのが基本です。債務整理としてはどのようになるのかというと、和解案によって異なりますが、3年から5年くらいで完済できるような和解案を作成します。現在の収入や債務状態などから、3年から5年で完済できなければ和解は成立しないでしょう。

また、任意整理でも消費者金融を相手にする場合には過払い金の引き直しが行われることもあります。過払い金の金額にもよりますが、借金を減額できる場合が多いです。任意整理がどれくらい成功するのかは依頼する専門家によって異なりますが、多くの場合には返済可能な状態にしてくれるでしょう。ただ、デメリットもあります。

他の債務整理と同じように、ブラックリストには載ります。ですから、その後はクレジットカードを持とうと思ったり、あるいは新たに借り入れをしようと思った場合でも、しばらくはできなくなります。任意整理と言っても、この点は他の債務整理と同じなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です