テレビやネット上でも債務整理を呼び掛けるコマーシャルをよく見かけますが、これらのコマーシャルには司法書士事務所と弁護士事務所のものがあります。双方ともに債務整理を手掛けることができますが、同じように見えて両者の間には大きな違いがあります。その違いに気がつかないまま依頼してしまえば、思わぬ結果になることもありますので注意が必要です。結論からいえば、相手方との交渉が上手くいきそうにない場合や、過払い金の額が高額になりそうな場合には、弁護士事務所に債務整理を依頼したほうがいいでしょう。

これにはちゃんとした理由があり、司法書士では取り扱える業務に限界があるからです。司法書士にも裁判での代理業務が認められています。しかしこれには条件があり、あくまでも簡易裁判所の管轄である案件に限られているのです。したがって地方裁判所での裁判となった場合には、司法書士だと代理業務ができないことから、本人が出頭して手続き等をおこなわなければいけません。

本人ができない場合は新たに弁護士に依頼しなければいけないため、二重の労力がかかってしまうことになりかねないのです。これは過払い金が発生した場合でも同じで、過払い金の額が140万円を超える場合には司法書士では取り扱えなくなってしまいます。もちろん司法書士にも優秀な人はおり、借金問題の解決に精通した人も数多くいます。自分の借金の状況をよく見極めたうえで、比較的スムーズに手続きが進む案件だと判断できるのであれば、司法書士に依頼しても問題はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です