裁判所を通さずに金融業者と交渉して債務整理する方法が任意整理です。交渉の内容はそれぞれで異なっていますが、多くの場合には整理後の金利はカットされます。つまり、整理後には利息が増えないというメリットがあります。そして、元金のみを3年から5年で返済していくのが一般的です。

任意整理によって債務整理をするメリットの一つが特定の債権のみを整理できるというメリットがあります。たとえば、カードローンの借金を整理したいけれども、クレジットカードが使えなくなると困るといった場合には、カードローンだけ任意整理によって債務整理するという方法があります。他にもローンがある人も同じように、カードローンだけを整理することができるというように、特定の借金だけを整理できるというメリットがあります。任意整理は法的な整理手続きではありませんから、官報に記載されることはありません。

しかし、ブラックリストには載るという点に注意が必要です。ですから、その後は新たにクレジットカードを作ることはできませんし、新たな借り入れをすることはできないと考えておいた方が良いです。また、任意整理は個人で行うのは難しく、弁護士や司法書士に依頼しないと成功しないのが現実です。ですから、弁護士や司法書士に報酬を支払わなければなりませんから、経済的なデメリットはあります。

また、債権者が応じてくれない可能性もありますから、成立しにくいというデメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です