債務整理はデメリットが大きいと思っている人もいると思いますが、これはそれぞれのケースで異なります。メリットと比較してみるとデメリットはあまり大きくはないと感じている人の方が多いようです。債務整理のデメリットとしては、弁護士や司法書士に報酬を支払わなければならないことがあります。数十万円くらい支払わなければならないケースもありますから、決して安いとは言えません。

しかし、債務整理をしなかった場合に支払っていかなければならない利息を考えれば、この報酬もそれほど高いものとは考えにくいです。ブラックリストに載るというデメリットはあります。7年くらいはクレジットカードを作ることができなくなりますし、新たにローンを組むことができなくなると考えておいた方が良いでしょう。債務整理をしなければならなくなった状況の人の場合、これはデメリットと言うよりもメリットかも知れません。

もう借金はしないと決めていても、意志の弱い人ならすぐに借りてしまうかも知れません。それを防ぐためには有効な手段だとも言えるでしょう。デメリットはありますが、やはりメリットは大きいと考えられます。債務整理をすると家族にばれてしまうのから嫌だという人もいると思います。

もちろんですがその可能性はありますが、弁護士や司法書士の多くはこの点に配慮してくれます。ですから、どこに任せるのかを適切に選べば、家族にばれてしまうと言うデメリットはないと考えておいて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です