債務整理を自分で行うのなら大きな費用はかかりませんが、弁護士や司法書士に依頼する場合には報酬を支払う必要があります。任意整理の場合、基本的には相談する事務所によって異なりますが、多くの場合には債権者1社に対して3万円から5万円くらいの費用がかかります。それ以外に実費がかかることもありますから、事前にどれくらいの費用がかかるのかを把握しておいがほうが良いです。多重債務者の場合、債務整理をすると言っても何社もから借りていますから、報酬は大きくなりがちです。

高い報酬を支払ってでも専門家に依頼した方が良いのかどうかと言うことなのですが、これは多くの人にとって依頼した方が良いと考えられます。任意整理の場合、法的な手続きを経ませんから、多くの手続きを専門家に依頼することができます。依頼した人が最初にしなければならないのが債権者のリストの作成です。どこから借りているのかを専門家に提示します。

任意整理を依頼すれば、債権者リストを作成した後には、すべての手続きを行ってくれることが多いです。ですから、債務整理と言っても本人は何もしなくて良い場合が多いです。普通に働いている人なら、債務整理をするために時間をとるのは難しいでしょう。それを考えれば、いくらかの費用を支払って専門家に依頼するメリットは大きいと考えられます。

また、債権者との交渉が難しくなる場合には専門的な知識も必要ですから、やはり専門家に依頼した方が良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です