借金の返済が困難になった場合は債務整理を検討する必要も出て来ます。債務整理には幾つかの方法がありますので、借入額など状況に応じて最適な方法を選択することが大切です。まず最も多くの方が行う方法が任意整理です。任意整理は裁判所を通さずに手続きが出来ますので最も手軽に出来る方法です。

司法書士などに依頼して返済方法の見直しや金利の見直しなどについて債権者と交渉してもらいます。任意整理では残債の支払いが困難な場合には民事再生を行います。民事再生は裁判所を通して手続きを行い、認められれば債務額を大幅に減額することが出来ます。また自宅や車などの財産を手放さなくても良い場合もあります。

もし民事再生も困難な場合には自己破産をすることになります。自己破産も裁判所を通して手続きを行い、認められると全ての債務が免除されます。その代わり一定以上の価値のある財産を手放さなくてはなりません。これら全ての方法は家族など周囲の人に影響はありません。

しかし事故情報が信用保証機関に一定期間残りますので、一定期間新たな融資を受けることが出来ません。ですので安易に債務整理を実行するべきではありませんし、事前にメリットとデメリットに関して司法書士から説明をきちんとしてもらう必要があります。債務整理を行ってもすぐにまた家計が苦しくなってしまっては意味がありませんので、債務整理を行うことと併せて家計の収支の見直しをすることが大切です。広島で離婚の慰謝料のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です