債務整理といっても、そのまますべての債務がチャラに成ることもありますし、そうでないときもあります。自己破産であればそうなのですが、任意整理の場合はあくまで一部の免除、金利の停止のようなことで妥結するときもあります。そして、何より債務整理をしてもらうための費用がかかることになります。弁護士に依頼するのですが、そのためにそれなりの費用がかかるので、それで今度は悩む人も意外といるのです。

但し、大半のところが分割払いを認めてくれますから、長い目で見れば、返済できるのでそこまで気にしないでよいです。あくまでしっかりと債務整理ができるのであれば、それはとても大きなメリットになるのは確かです。例えば、自己破産をすれば、すべての債務がチャラになりますから、後は債務整理をしたときの費用だけになります。それを後はしっかりとゆっくりと支払っていけば良いのです。

ですから、そんなに難しいことではありませんし、人生をやり直すチャンスであるといえます。それはそうなのですが、あくまで自己破産は最後の手段であると思っておいたほうが良いです。どうにか任意整理で対処できるのであれば、そうしたほうが色々とメリットがあります。そもそも自己破産というのは、どうしても自分にもデメリットがあります。

破産者、と言う烙印を押されることになりますから、色々と行動が制限されるのです。デメリットなしに自己破産が、できるわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です