債務整理と言うのは、丸々債務がなくなることもありますし、減額されるだけの場合もあります。つまりは、どんな形のものを実行するのか、ということです。例えば、裁判所がやってくれる自己破産というものがあります。一番有名な行為ですが、債務がすべて帳消しになります。

帳消しというのは、言い方が悪いのですが、免責になるわけです。この制度は、別にそうしたことをするのを推奨しているわけではなく、人生では失敗するときもあるだろう、という認識があり、だからこそ、こうしたシステムがあるのです。ですから、決して利用することは悪いわけではなく、負い目を感じるなとはいいませんが、法律的に認められているのです。それに自己破産以外にも方法はいくつもあります。

そもそも金利の支払いだけで苦しい、という人もいますから、その金利を一時的にストップしてもらう交渉をしたり、元金は十分に返せているのだから、残りの債務の減額を交渉したりすることもあります。特定調停とか任意整理とか呼ばれるものであり、これらにも弁護士は必要になります。司法書士でもよいことはありますが、基本的には弁護士に債務整理は依頼するべきです。他にも一本化する、という方法もありますから、それも検討すると良いです。

金利が安いところが債務をすべて引き受けてくれるだけでも、かなり返済が楽になることがあります。そうした債務整理もありますから、まずはとにかく相談をするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です