返済が難しい借金を整理するために行う債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの種類があります。この中で債務者の一番負担の大きなのが任意整理です。しかしそれでも、債務整理の選択肢の中で任意整理が最も選ばれるという事実は、それ以外の手段を取ると負担は少なくても、他の面で大きなデメリットが生じることを意味します。そもそも自己破産に関しては、裁判所が借金の返済が一切不可能だと認定することが前提になっているので誰でも利用できるわけではありません。

それに、自己破産すると生活に最低限必要なものを除いて、財産を没収されてしまいます。なにより、自己破産すると連帯保証人に返済義務が発生してしまい、多大な迷惑をかけてしまうのです。社会人の最低限のモラルとしてそれだけは避けなければなりません。また、自己破産や個人再生は裁判所を通して行うので記録が残ってしまいます。

さらに、国の機関が発行する官報にも名前と住所が掲載されてしまうので最低7年はローンなどを組めなくなってしまいます。そして、そういった人たちの名前をチェックしてカモにしようとするのが悪徳業者です。ダイレクトメールなどを送りつけ、美味しい話を並べて新たな借金を背負わせようとします。そういったものは無視をすればいいのですが、名前と住所を知られているだけでもいい気分はしないでしょう。

以上のような理由から、債務整理をする際にはなるべく任意整理を選択し、後腐れのないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です