借金を整理できる債務整理には、色々な種類がありますが、その中でも個人再生は利用しやすい債務整理と言われています。個人再生の最大の特徴といえるのが、財産を手放す必要が無いという点です。もし、住宅ローンつきの家がある場合、住宅ローンの借金は残しつつ、他の借金を整理する事ができます。ですのでマイホームを持っている方に、有利な債務整理と言われているようです。

借金を整理するといえば自己破産というイメージがありますが、個人再生の場合自己破産のように全ての借金を、整理する事はできません。しかし、大幅に借金は軽減されるので、金銭的な負担は改善されるでしょう。どのくらい減額されるのかは、借金の額によって変わってきます。借金が100万円以上500万円以下の場合、100万円のみ支払う仕組みです。

500万円から1500万円以下の場合は5分の1だけ支払い、1500万円から3000万円以下の場合、300万円を支払います。そして3000万円から5000万円以下の場合は、10分の1のみを支払うだけで済むのです。個人再生の場合100万円以下の借金、5000万円以上の借金の場合は適用されませんが、それ以外であれば大きく借金を減らす事が可能です。減額された借金は個人再生の場合、基本3年間で完済する必要があります。

3年間で完済できないという場合は、5年に引き伸ばしされるケースもあるようです。借金問題をかかえている方は、まず自分の借金ケースで個人再生を行った場合、どのくらい減額されるのかを弁護士や司法書士に、相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です