弁護士は、弁護士協会全体として消費者に対する無料相談を積極的に実施しています。実際に、消費者金融に対する過払い金に関する相談については無料相談で問題を解決することが可能です。弁護士がこのような無料相談を積極的におこなっているのは、法曹家全体の人数がものすごく増えてきているという事情があるからに他なりません。従来までの法曹家というのは司法試験という難しい試験を合格してから、その後に修習生として法曹家の基本を叩き込まれるという流れでやっとなることができるものでした。

修習生の過程が終わるまでに残っている人数は、司法試験を受験した人のわずか2%から3%で日本で最も難しい試験として有名だったのです。しかし、こうした試験制度は司法の改革によって大きく変化しました。低かった合格率を向上させるために法科大学院という大学が作られて、その大学に行かないと法曹家になることが出来なくなったのです。そのかわりに、法科大学院に通って新しい司法試験を受けた人はそれまでの試験の約10倍以上の確率で試験に合格できるようになりました。

こうした、弁護士の数は爆発的に増加していったのです。当然ながら、法曹家の全体数が増えると社会に出回っている法律的なトラブルを解決できる人数が増えることを意味します。誰が優秀な弁護士なのかの優劣をつけるために法曹家同士で競争が行われるようになります。こうした事情から、多くの法曹家が無料相談というサービスで消費者を出来るだけ獲得するように努力しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です