法的トラブルにあった場合、一般の人がとり得る手段は、知識がない限り、法律の専門家である弁護士に相談するしかありません。しかし、日常生活を送るうえで弁護士とかかわりを持たない人にとっては、相談するという行為は敷居が高いものであり、費用も掛かります。そして、それに躊躇していると、事態は深刻になっていきます。そんな法律問題に不慣れな人のために、国が設立した独立行政法人である、日本司法支援センターが、無料相談を行って法律問題への対処をサポートしています。

利用者にとって良いことは、国によって設立された公法人が行っている制度であるため、安心して利用することができるという点と、無料であるという点です。そのほか、弁護士が個人で初回の相談を無料で行っていたり、弁護士会が同様の無料相談をおこなっています。このような無料相談会の良いところは、前述のとおり無料であるため、費用の心配をせずに相談を受けることが可能である点です。ただし、大まかな解決策についてのアドバイスは無料相談でなされますが、最終的な解決策が具体的に提示されるわけではありません。

そのため、具体的な紛争に対処するためには、自分で行動を起こすか個別に弁護士を雇うかの方法をとる必要があります。以上のように、無料相談は、完全に解決をしてくれるものではありませんが、法律に不慣れな方が対策を練るための良いきっかけとなる存在です。したがって、法律トラブルで困っている方は、まず相談してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です