IT弁護士に依頼をすれば、都合の悪い書き込みがネット上に存在するときに相談することが出来るようになります。一般的に、ネット上に存在する匿名掲示板への書き込みに関しては、会社にとって非常に不利な書き込みがあったとしてもその書き込みを削除してもらうことを求めることはかなり難しいと言えます。これは、個人に対する誹謗中傷に関しても同様の事が言え、IT弁護士のように専門の弁護士に相談しないと問題を解決できない側面があります。そもそも、インターネット上の犯罪に関してはどの法律が適用されるかに関してものすごく法律的な会社が分かれているので、はっきりとした刑事的な罰を相手に対して与えることが現実的にできません。

例えば、匿名掲示板を運営している会社のサイトのサーバーが日本国内ではなく海外にあった場合には、海外に書き込みに関するデータが存在するので日本国内の法律によって海外のサーバーを勝手に調べることは出来なくなります。日本の警察の一存で調べることは無理なので自然と現地の警察にも協力を求めることになるのですが、そもそも相手国にそのような書き込みを罰する法律がなければその協力さえも拒否されることになりかねません。そのため、こうした匿名の書き込みに関してはっきりとした罰を与えるためには相手を特定して慰謝料などの民事的な罰を与えることを考えなくてはいけません。IT弁護士に相談すればこうした民事的な案件を容易に解決してくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です