インターネットの世界では、その手軽さや便利さ、時には匿名性故に企業の風評被害が短時間に拡散することがあります。中には事実には基づかない、悪意で行われた悪質な風評被害に頭を悩ませている企業もあると思います。そのような対策として、よりインターネット部門に関する法規に強いIT弁護士に相談してみることをお勧めします。IT弁護士は元々IT企業の運営に関わっていた方で、インターネットに関する法律だけでなく実践的な知識も豊富です。

インターネット内に拡散してしまった悪質な風評被害に対する削除の手続きを、時にはインターネットを管理する世界的な企業に対して要求するお手伝いや、悪質な場合は風評被害の発信元に対する名誉毀損や損害賠償請求の相談にも応じています。IT弁護士はインターネット内部の風評被害の対策や対応は勿論ですが、インターネットを利用する場合の企業の規約作成のアドバイスや企業間の契約に関する相談も受け付けています。弁護士としての視点と同時にIT企業の経営者の経験を活かした視点でのアドバイスで、提携している企業の売り上げ増加につながったケースもあります。IT分野はまだまだ歴史が浅く、法整備が追いついていない現状があります。

それだけにIT分野に関するトラブルは予想を超える規模で発生することもあります。IT分野に強い弁護士を利用して、今ある制度や法律を活用して最善の結果と利益の確保を目指してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です